teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


西郷どん

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2018年 1月14日(日)22時58分30秒
返信・引用
  大河ドラマの「西郷どん」が快調な滑り出しですね。
今年一年楽しめそうです。
さて、まとめ買いした4枚の最後はDeaf School です。
オリジナルスタジオアルバムとしては39年振りの「Let's do this again next week ・・・」です。
サックスのイアン リッチーがロジャー ウォーターズのツアーへの参加で不在(サックスはセッションミュージシャンが吹いている様です)だし、オリジナルドラマーは他界しているため、ニューメンバーだったりはしますが、それ以外はボーカルのスティーブ アレンとベット ブライトの男女ダブルボーカル、ギターのクライブ ランジャー、ベースのMr.アベレージことスティーブ リンゼイ、キーボードのリップルと当時のメンバーがガッチリスクラムを組んで、まるで約40年間のブランクなど無かった様に変わらぬDeaf School サウンドを奏でてくれます。
曲の出来もボートラ含めて13曲に捨て曲は見当たらず、それぞれに魅力が有り、45分があっと言う間に過ぎていき、また、最初から聴きたくなる素晴らしいアルバムです?
 
 

悲しい?

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2018年 1月12日(金)21時25分36秒
返信・引用
  星野仙一が亡くなられた。悲しい?。
東京で生まれ育ちましたが、物心ついた時から中日ファンでした。(だから、ヒープファン歴より長いのです、メジャーでなくちょっとマイナーが好きというのはここでも発揮しており、生まれつき病気だな)
小学生の頃、エース星野がON砲に立ち向かう姿をTVで応援したものです。
さて、第123弾はTime Requiem です。
スウェーデンのバンドでメンバーは
Richard Anderson (key)
Apollo Papathanasio(vo)
Peter Wildoer(dr)
Magnus Nordh(gu)
Dick Lovgren(ba)
の5人です。
キーボードのリチャードがリーダーでキーボード版のイングヴェイみたいな速弾きを披露しており、ドラムスも呼応するようなツーバスドコドコプレイを決めまくりますが、ボーカルはぶっちゃけショボいと思うな。
でも、アポロは今、確か有名バンドに在籍して、そこそこ名声を得ているようなので、そのバンドのファンの耳は大丈夫か?って炎上しそうな事を考えちゃいますね。
02年のセルフタイトルのデビューアルバムのみ所有しています。(その後の事は良く知りません?笑)
 

Re: はてな?

 投稿者:Taa  投稿日:2018年 1月 9日(火)01時24分14秒
返信・引用
  > No.4439[元記事へ]

> スウェーデンのHallasはキーボードのアレンジがヒープやCressidaを思わせるというから、こっちの方が我々は取っつきやすいかもしれませんね。



これは気になりますね
 

はてな?

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2018年 1月 7日(日)23時17分43秒
返信・引用
  Burrn ! 2月号の新譜レビューで2枚共輸入盤ですが、サウンドがヒープを想起させると紹介されてますな。
ドイツのAlpha TigerはヒープとHelloweenとTokyo Bladeが合体したようなサウンドってなんのこっちゃ?
スウェーデンのHallasはキーボードのアレンジがヒープやCressidaを思わせるというから、こっちの方が我々は取っつきやすいかもしれませんね。
さて、年末4枚まとめ買いCDの紹介第3弾はMoonkings です。
元Whitesnake のエイドリアン ヴァンデンバーグが若いミュージシャンと組んだバンドで2ndアルバムですな。
Burrn ! 12月号では、余り良いレビューが貰えていませんでしたが、決してそんなことはありません。
ヤン ホーフィングはデビッド カヴァーディルの劣化コピー等ではないですし、ボーカルメロディーに魅力が無いとも思いません。
マルト ナイエン エスのドラミングも派手さは有りませんが、一音毎のアタックが強くBad Company のサイモン カーク辺りを彷彿とさせます。
セム クリストフェルのベースもやはり派手さは有りませんが、ボトムを堅実に支えていますし、「The fire 」終盤でのジャミングではかなり自由奔放に弾いています。
勿論エイドリアンのギターリフもすぐ彼と分かる個性を持つプレイでかなりこのアルバムでは弾きまくっています。
68点なんてつけた大野奈鷹美氏は、以前Krouks の「Change of address 」アルバムで良いライナーを書いてくれていたので好感を持っていましたが、今回の評には首を傾げざるを得ません!!
まあ、たしかにカバー曲だけは余計な気はしますがね。
 

ハリーポッター

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2018年 1月 5日(金)21時22分2秒
返信・引用
  最近、ハリーポッターシリーズを読み直しています。
今、第四巻「炎のゴブレット」上巻の真ん中辺ですが、やはり映画も良いけど原作をゆっくり(主に入浴後、寝床の中で1章ずつ読んでから寝るというスタイル)読むのは、細かい描写がああこんなところは映画では、確かはしょってたなあなんて思いながらにやついてたりして良いもんです。
さて、第122弾はLeverageです。フィンランドのメタルバンドで
2ndと3rd「Blind fire 」と「Circus colossus」の2枚を所持しています。
3rdが出てからもう6~7年経つのに4thはリリース情報が無いので解散したかもしれません。
2nd発表時のメンバーは
ペッカ ヘイノ(vo)
トゥオマス ヘイッキネン(gu)
トースティ スプーフ(gu)
ペッカ ランピネン(ba)
ヴァルテリ レヴォンコルピ(dr)
マルコ ニスカラ(key)
の6人です。
サウンドは正統派のメロディックメタルでボーカルのヘイノは中々良い声でハイトーンシャウトも決めてくれています。
バックも安定したテクニシャン揃いでツインギターとキーボードが北欧特有のメランコリックな旋律を奏でると、リズムセクションはアグレッシブに攻めており、ヒープ好きなら結構嵌まりやすい音ではないでしょうか。
 

Flemming Rasmussen

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2018年 1月 4日(木)21時33分31秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
そう言えば、Burrn !1月号のメタリカ特集でFlemming Rasmussen が「Master of puppets」のプロデューサー(個人的にはPretty Maids の一連のアルバムのプロデューサー)としてインタビューされており、若い頃メタルにのめり込んだ影響源としてヒープを取り上げていましたよ。
さて、今度はThe Darkness の「Pinewood smile 」の感想です。
ドラムスにあのQueen のロジャー テイラーの息子ルーファス テイラー(写真見ると若い頃の親父さんにクリソツですな)が加入して初めてのアルバムなのですが、これはひょっとして5枚目にして最高傑作ではないでしょうか?
基本的にブリティッシュハードロックンロールの路線は変わり無いのですが、ドラムスが代わっただけで曲の躍動感が違いすぎる?
前任が女性だから弱かったとは言いませんが(初代のエドとは遜色無かったしね)やはり父親のDNA を受け継いでいるのか素晴らしいグルーヴに格好良いフィルインを入れまくっており、★ひとつ分は曲を上のレベルに引き上げています。
ただ、不思議なのはボートラ扱いが5曲も有り、どの曲も捨て曲とは言いたくない佳曲揃いなのにどうしてボートラにされているのかな?
しかも、2曲ではルーファスがリードボーカルを取っている様なのですが特に「Seagull 」って曲でのボーカルはジャスティンとはまた違った中音主体の甘い声で魅力的なんだなこれが。
願わくばこのメンバーで永く安定した活動を続けて欲しいものです。
 

吉村さん

 投稿者:mr.music  投稿日:2018年 1月 2日(火)21時03分28秒
返信・引用
  レビューありがとうございます!
リアムの声は魅力ありますよね~。
前評判もよかったので、やはり買いですね。
でもオアシスでの活動もまた見てみたい 笑
 

まずはリアムから

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2017年12月31日(日)16時28分45秒
返信・引用
  昨日まとめ買いした中からまずはリアム ギャラガーのアルバムから感想を。
約4年振りにビーディーアイの2nd以来の発表です。
オアシスとしてデビューして以来、常に彼の声に魅せられてきた私としては、バックの演奏がノエルだろうが、ゲムだろうが大した問題ではなく、ただロケンロールを歌うリアムが居さえすれば、それでOKなのです。
ソングライターとしてのリアムもオアシス時代から徐々に成長してきて、ソロとしても十分やっていける力がついたからこそ、今回ソロとしてアルバムをリリースすることを選択出来たのだと思います。
ボーカリストとしても、存在感は最初から有りましたが、表現力や多彩な引き出しはオアシス初期は望むべくもなく、今だからこそ操れる様になったのです。
「Chinatown 」なんかオアシスのリアムが歌うのは想像出来ませんでしたからね。
ソロとして、この上なく良いスタートが切れたのではないでしょうか。
 

クレム クレムソン

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2017年12月30日(土)20時18分20秒
返信・引用
  ジョン ハイズマン、マーク クラーク、そしてクレム クレムソンで活動ですか。
ヒープファンとしては、マーク クラークに最も反応すべきでしょうが、私はクレム クレムソンの方により反応してしまいます。
まあ、ラフ ダイアモンドではバイロンとも一緒の時期が有るのでヒープファンにも知られていますわね。
さて、Mr music さん、遅くなりましたがやっと買いました。
①「パインウッド スマイル」by ザ ダークネス
②「アズ ユー ワー」by リアム ギャラガー
③「MK Ⅱ」by ヴァンデンバーグス ムーンキングス
④「レッツ ドゥ ディス アゲイン ネクスト ウィーク ・・・」by デフ スクール
の4枚です。
感想はまた後程ということで。
話変わって、Burrn ! 1月号のメタリカ特集の「マスター オブ パペッツ」をプロデュースしたフレミング ラスムッセンへのインタビュー記事で彼自身のメタルへの入口になったバンドの中にヒープを発見!!!
 

ノリが良いよね

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2017年12月29日(金)21時54分0秒
返信・引用
  確かに「On the rebound」ってベースのノリが良いよね。
ボブ デイズリーもやっぱり一流だ?
さて、残すところ後5つということでラストスパートで第121弾はWolfmotherです。
オーストラリアのバンドで00年代後半に
「狼牙生誕!」「Cosmic eggs」の2枚のアルバムを発表しています。
メンバーは
アンドリュー ストックデイル(gu,vo)
クリス ロス(ba,key)
マイルズ ヘスケット(dr)
のトリオです。(デビューアルバム時のラインアップで2ndでメンバーチェンジがあったような気がします)
サウンドはこの頃から言われだした「若いけど出してる音は70年代っぽい音」
つまり、今クラシックロックと呼ばれている音ですね。
個人的にはツェッペリンが一番分かりやすい影響元かなと思いますが、勿論00年代にアップデイトされており、まんまクリソツというわけではありません。
聴いていて非常にオーガニックな感じが強く、今時のマシーナリーなサウンドに比べると、うんやっぱこれこれって頷いてしまいますね。
 

Re: RE:12/23(土/祝)のMuriah Sheepライブのセトリ

 投稿者:サイエン  投稿日:2017年12月29日(金)09時16分10秒
返信・引用
  >>On The Reboundはベースのキム爺さんがずっとやりたかった曲だそうです。

 なるほど。 確かにイントロからリズムがかっこいい曲ですしね。
 私も、Abominogで一番好きな曲かも(^^)
 

Re: RE:12/23(土/祝)のMuriah Sheepライブのセトリ

 投稿者:Taa  投稿日:2017年12月28日(木)23時17分12秒
返信・引用
  > No.4430[元記事へ]

サイエンさん

> おおー、Too Scared To Run から、On The Rebound っていうオープニングの流れは
> 聴いてみたかったなー。かっこよさそう。

面白かったですよ。このあたりの曲をやるのって、Muriah Sheepぐらいだし。

On The Reboundはベースのキム爺さんがずっとやりたかった曲だそうです。

キム爺さんはSteerforthのベーシストでもありますが、
Steerforthじゃ却下されることに恐れていたのかも(爆)
 

RE:12/23(土/祝)のMuriah Sheepライブのセトリ

 投稿者:サイエン  投稿日:2017年12月24日(日)23時02分40秒
返信・引用
  セトリどうもです。
おおー、Too Scared To Run から、On The Rebound っていうオープニングの流れは
聴いてみたかったなー。かっこよさそう。

この土日とも仕事だったので、いけなかった・・(泣)
 

12/23(土/祝)のMuriah Sheepライブのセトリ

 投稿者:Taa  投稿日:2017年12月23日(土)23時24分15秒
返信・引用
  12/23(土/祝)のMuriah Sheepライブのセトリです。

1.Too Scared To Run (Abominog)
2.On The Rebound (Abominog)
3.Straight Through The Heart (Head First)
4.It Ain't Easy (Conquest)
5.No Return (Conquest)
6.Look At Yourself (Look At Yourself)

吉村さん半分当たりです。何も出ないけど(笑)
3.はちゃんと心臓音からスタートでした。
会場にいたUHファンの数名しか全曲わかる人はいなかったと思われますが、
もちろんボクは楽しめました!!
 

●『洋楽倶楽部 ザ・リッチー・ブラックモア ストーリー on NHK』NHK BSプレミアム  2017年12月24日

 投稿者:KIKU  投稿日:2017年12月23日(土)10時24分51秒
返信・引用
  NHKでURIAH HEEP関連人脈(笑)とも色々と縁深い

リッチー・ブラックモア特番、
2時間番組がBSプレミアムで
12月23日深夜放送
(正確な放送時間/日時は
2017年12月24日(日) 午前0時45分~ 午前2時45分)

リッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore)の音楽キャリアを
リッチー自身の証言とゆかりの関係者へのインタビュー、音楽素材で紹介する番組が
NHK BSプレミアムで放送決定。
『洋楽倶楽部 ザ・リッチー・ブラックモア ストーリー on NHK』は
12月23日(土)深夜に放送されます。
解説は伊藤政則、広瀬和生。

●『洋楽倶楽部
ザ・リッチー・ブラックモア ストーリー on NHK』
NHK BSプレミアム
2017年12月24日(日) 午前0時45分~ 午前2時45分
※23日(土)深夜

「ディープ・パープル」「レインボー」「ブラックモアズ・ナイト」等のギタリストとして
日本でも人気のアーティストであるリッチー・ブラックモア。
番組は、リッチー・ブラックモア自身へのインタビューや音楽パフォーマンス、
リッチーにゆかりのアーティストの証言などによって、生い立ちから最近の活動まで、
その音楽キャリアと彼の魅力を紹介する。
解説は音楽評論家・伊藤政則、音楽雑誌編集長・広瀬和生の二人

【解説】伊藤政則,広瀬和生

http://amass.jp/98793/

http://www4.nhk.or.jp/P4653/x/2017-12-23/10/29449/2040585/
 

39年振りです

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2017年12月22日(金)22時01分55秒
返信・引用
  以前紹介したDeaf School が78年発表の「English boys /working girls 」以来39年振りにスタジオニューアルバムを発表するそうです。やっぱつまらないミュージックマガジンでもリリースインフォだけは立ち読みしておくものですなあ。
さて、第120弾はRossington Collins Band です。
70年代後半にツアーの為に搭乗していた飛行機の墜落で主要メンバーを失い、解散した(今は再結成しているなようです)Lynyrd Skynyrdのギタリストだったゲイリー ロッシントンとアレン コリンズが中心となって結成されたバンドです。
ボーカルは亡くなったロニー ヴァンザントの代わりにライブのバックコーラスに参加していたデイル クランツという女性が務めています。
この人が1stアルバムのライナーで三宅はるお氏が書いていたようにあのジャニス ジョプリンの再来かと思わせる程の素晴らしいボーカルを披露しています。
バックもトリプルリードギターにキーボードという分厚いサウンドとタイトなリズムセクションでデイルを盛り立てており、熱いサザンハードロックを聴かせてくれています。
「Anytime Anyplace Anywhere 」と「This is the way」の2枚のアルバムを発表していますが、特に「Anytime Anyplace Anywhere 」収録の「Get away 」でのデイルの熱唱は涙無くしては聴けません?
 

Re: 30分のセットリスト

 投稿者:Taa  投稿日:2017年12月22日(金)01時18分48秒
返信・引用
  > No.4423[元記事へ]

吉村慶昭さん

> ちゃんとヒープファンなのでこんな書き込みも出来るんだな。

やれば出来るじゃん(爆)

まぁ、ROCARAMAと、Party Timeは無いような気がするけど。

Weekend Warriorsを以前やってたような気がする。
 

Re: 今年も開催!UFQ祭り!Muriah Sheep(ミウライア・シープ)出演!

 投稿者:Taa  投稿日:2017年12月22日(金)01時14分39秒
返信・引用
  > No.4422[元記事へ]

KIKUさん

> 今回のMuriah Sheepのセットリストは
> スローマン&ゴールビー期の4枚中3枚からの選曲+
> 一曲だけはバイロン期の王道曲。との事デス。
> 19時半頃から30分ほどのようですが、
> ご都合の付く方は忘年会も兼ねて
> 是非とも参戦お願い致します!

よしぞうさんの為にも行くかな。
焼きそぎでも食べてから(笑)
 

Re: URIAH HEEPの新作「LIVING THE DREAM」

 投稿者:Taa  投稿日:2017年12月22日(金)01時10分45秒
返信・引用
  > No.4421[元記事へ]

KIKUさん

> > Living The Dreamツアー全公演で使えるゴールデンチケット、
>
> ↑これが一番魅力的ですね。
>
> £500
> ¥75002 JPY(概算)ってある意味では安いかも。
> まあ海外に観に行かなければ意味ないとは思いますが。(笑)

つかさ、ロンドンだけじゃないから、ずっとツアーにお供しなきゃいけない。
それだけ休めて滞在費等の金もある人は、双子の姉妹だけじゃないかな(謎笑)

> しかしこちらのBBSで僕とTaasanが「会話/交流」するのは、いつ以来なのか忘れました。(爆)

ウチらも、いろいろありましたしね(爆)
 

30分のセットリスト

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2017年12月20日(水)22時58分22秒
返信・引用
  残念ながら23日のライブは参加できないので勝手にセットリスト予想してみまさた。
30分なら6曲かなと読み、こんなんどうでっしゃろ?
①Too scared to run
②The other side of midnight
③Rocklama
④No return
⑤Party time
⑥Look at yourself
半分くらい当たれ?
後程結果教えてー。(笑)
書き込みのBGMはBlackfootの「Vertical smile 」でした。
ちゃんとヒープファンなのでこんな書き込みも出来るんだな。
 

今年も開催!UFQ祭り!Muriah Sheep(ミウライア・シープ)出演!

 投稿者:KIKU  投稿日:2017年12月20日(水)21時41分5秒
返信・引用
  今年のURIAH HEEPカヴァー
&トリビュート・バンド・ライブの締めくくりは、
彼等!Muriah Sheepです!
(正式な読みはMuriah Sheep(ミウライア・シープ)で
宜しいのでしょうか?)

ドラマーの「すぎっちょさん」の投稿をコピペした
ヴォーカルの「よし・よしぞうさん」の投稿を
更に僕がコピペ(+加筆)して掲載!(笑)

今回のMuriah Sheepのセットリストは
スローマン&ゴールビー期の4枚中3枚からの選曲+
一曲だけはバイロン期の王道曲。との事デス。
19時半頃から30分ほどのようですが、
ご都合の付く方は忘年会も兼ねて
是非とも参戦お願い致します!



12/23(土/祝)のMuriah Sheepライブの告知です。
今年もUFQ祭りお邪魔しますよ。
UFQは14周年おめでとう!
Crawdaddy Clubも14周年おめでとう!
Muriah Sheepは4周年おめでとう!ありがとう!

以下、すぎっちょさんの投稿のコピペです。

----------------------------
イベント名:
UFQ祭り~来年結成15周年らしいよスペシャル~

出演:
UFQ(as UFO)
Muriah Sheep(as Uriah heep)
七瀬again(as 相川七瀬)

UFQ
V:隊長
G:ぐれちゃん
G:MB-Oyaji(Muriah)
B:バネ
K:Sheep
D:すぎっちょ

Muriah Sheep
V:よし・よしぞう
G:MB-Oyaji
B:キム爺
K:Sheep
D:すぎっちょ

七瀬again
V:きゆきゆ
G:ぐれちゃん
B:萌ちゃん
K:みやっち
D:すぎっちょ

Charge1000円+1drink
場所: Crawdaddy Club
※日本酒(600円)出しますー
Date: 12/23(土・祝)
開場18時半
開演19時
----------------------------
Muriah Sheep(ミウライア・シープ)19時半頃から30分ほどやらせていただく予定です。

UFQ祭りのときには一昨年ロートン縛り、昨年はバイロン縛りとやっている我々ですが、今年はスローマン&ゴールビー縛りをやりますよ!でも気弱に一曲はバイロン期の王道曲やりますが(^_^;)
スローマン&ゴールビー期の4枚中3枚からの選曲になります。いくら我々でもこの選曲はUFQ祭りならでは・・ちょっと人気がないかも・・なこの時期ですが、なかなかいい曲もあります!ご存知の方にはご存知のように♪
そんなわけで、ぜひご来場いただけると幸いです。今年も日本酒が出ますので、忘年会がわりにぜひ!飲んでいただかないとメンバーであけちゃうので、誰か死にかねない(^_^;)
日本酒興味ないよーって人もぜひ、ヒープのマニアック(?)な楽曲を一緒に楽しみましょう♪

なおMuriah Sheep(ミウライア・シープ)珍しく3つ先までライブが決まっております。
2/24 王道選曲@赤羽
6/23 選曲はまだ@しゃかばん獅子王
10/某日 羊祭り@Crawdaddy Club
なんて予定になっております。
こちらはまたおって!

なにとぞよろしくお願いいたします~♪
 

Re: URIAH HEEPの新作「LIVING THE DREAM」

 投稿者:KIKU  投稿日:2017年12月17日(日)10時04分12秒
返信・引用
  > No.4420[元記事へ]

Taaさん


> URIAH HEEPの新作「LIVING THE DREAM」の様々なアイテムが予約開始になりました!

情報ありがとうございます!

> 究極のLiving The Dreamパッケージ(サイン入り限定版CD(デモ音源入り)+限定Tシャツ+ダウンロード+ブックレットに購入者のお名前印字)、

↑これも魅力的ですが、

> Living The Dreamツアー全公演で使えるゴールデンチケット、

↑これが一番魅力的ですね。

£500
¥75002 JPY(概算)ってある意味では安いかも。
まあ海外に観に行かなければ意味ないとは思いますが。(笑)

しかしこちらのBBSで僕とTaasanが「会話/交流」するのは、いつ以来なのか忘れました。(爆)

https://www.pledgemusic.com/projects/uriah-heep-living-the-dream

 

URIAH HEEPの新作「LIVING THE DREAM」

 投稿者:Taa  投稿日:2017年12月16日(土)02時05分35秒
返信・引用
  URIAH HEEPの新作「LIVING THE DREAM」の様々なアイテムが予約開始になりました!
https://www.pledgemusic.com/

ダウンロード、
通常盤CD、
限定版CD、
サイン入り通常盤CD、
サイン入り限定版CD、
限定Tシャツ、
限定Tシャツ+サイン入り通常盤CD、
限定Tシャツ+サイン入り限定版CD、
サイン入り通常盤LP、
サイン入り限定版LP、
ブックレットに購入者のお名前印字+サイン入り通常盤CD、
ブックレットに購入者のお名前印字+サイン入り限定版CD、
究極のLiving The Dreamパッケージ(サイン入り限定版CD(デモ音源入り)+限定Tシャツ+ダウンロード+ブックレットに購入者のお名前印字)、
サイン入りオリジナルアートワーク、
サイン入り手書き歌詞カード、
お誕生日メッセージビデオ、
バンドと一緒にランチ、
バンドのステージに出演、
Living The Dreamツアー全公演で使えるゴールデンチケット、
Mick BoxがLiving The Dreamのレコーディングで使用したギターをサイン入りで、

通常盤CDとダウンロード以外は限定数なので早いもの勝ちですな。ギターなんて1本だけだし! アートワークが25枚、限定版LPが100枚、どれも高いよ!! 
 

Re: 有り難うございます

 投稿者:Taa  投稿日:2017年12月16日(土)02時04分35秒
返信・引用
  > No.4417[元記事へ]

はい、ということなので、みなさん、吉村さんはあと7~8回紹介ネタ書いたら、
今度はHEEPのことを書くそうなので、もう少し我慢してくださいね(あ・失礼(笑))

考えたら、このBBSが吉村さんワールドになっても、それでもロムしてまで観に来て
くださる方がいるわけですので、みんなHEEPのこと好きだからこのBBSに何かを
期待してを見てくださるのだろうし、HEEPへの思いは一緒のはずなんですよね。

誰もHEEPのこと書いてくれないから(ボクもだよ汗)、吉村さんが維持してくれた
わけで、吉村さんが紹介コーナーでもいいから(?)書いててくれなかったら、
とっくの昔にTea-cupにこのBBS自体を削除されていたかもしれません....
 

連投すみません

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2017年12月15日(金)23時28分10秒
返信・引用
  連投すみません。
私は、この曲を聴けというヘヴィメタルファンサイトでも良く投稿しているのですが、私の以前使用していたデスクトップ形パソコンがポシャってから長いこと娘のノートパソコンを借りて投稿していました。(今は、この駄文も含めてタブレットから書き込んでいます)
その時に以前使っていたハンドルネイムの??娘のパソコンからなんて名無し名義で投稿すると、そのサイト自体は概ね平和でしたが、そのサイトを揶揄する2チャンネルサイトが有り、そこを覗くと結構叩かれ放題叩かれており、暇な奴等だなあと思っていましたね。
つまり、誹謗中傷の書き込みに凹む様な事は全然無いですよ?って事です。
 

有り難うございます

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2017年12月15日(金)23時15分13秒
返信・引用
  Taaさん、有り難うございます。
私も調子に乗ってヒープに関係無いバンドの紹介やり過ぎかなと思わないでもないんですが、せっかく後7~8回くらいでネタもつきるところなので、お付き合い頂けたらと思います。
ただ、ハッキリ言いたいのは、ヒープに対する愛情は46年変わらないと自負していますし、ヒープやケンちゃんのライブ、それに高麗屋スープ等のカバーバンドのライブでも、何度か皆さんとお会いして、このサイトの住人さんは本当にヒープ愛の強い方ばかりだということも理解しているつもりです。
最近受けている攻撃は、通りすがりのヒープを良く知りもしない2チャンネラーだろうから無視無視というスタンスできてました。
反論したけりゃどうぞ。
で、第119弾はHangnailです。(笑)
ブリティッシュヘヴィメタルバンドで、私は01年発表の「Clouds in the head 」のみ所有しています。
メンバーは
Harry Armstrong(vo.gu)
Mark Cronin(dr)
Paul Elphick(ba)
James Ogawa(gu)
の4人です。
サウンドは若干アップテンポ目のドゥームメタルって感じで、当時リー ドリアンが結構プッシュしていたみたいです。
後、他のバンドの紹介ネタが尽きたらバイロン時代の曲を1曲ずつレビューしてみようかな?
それならヒープ関連どころかもろにヒープネタだから誹謗中傷も無いでしょ?
でも、例えば「尼僧」は捨て曲だなんて断定したら、反論が山のように来るでしょうね(爆)
いえ、改めていつか「尼僧」はレビューしますから反論はそれまでお待ちくださいね。
 

本掲示板の在り方についての意見です。

 投稿者:Taa  投稿日:2017年12月13日(水)22時11分27秒
返信・引用
  みなさま、こんばんわ。
なんか、めちゃんこ久しぶりの書き込みですが、
吉村さんの紹介コーナーについて、反対意見も多いようで。

以前にも書いたと思うのですが、自分の意見を再度書きこみたいと思います。

この掲示板の趣旨は、一番上に書いてあるとおりで、
「URIAH HEEP Ken Hensley John Lawton etc が好きな人は書き込みして~!!」ですから、
吉村さんもその1人だと思います。
Facebookの方もちょいちょい覗いてくださっているようなので、少しはこのHPとBBS以外にも
他のヒープのSNSに関心を示してくれているのだと思います。

「URIAH HEEP Ken Hensley John Lawton etcヒープ関連のことだけを書いて~」
とはどこにも書かれていないので、逆説的ですが、吉村さんのやっていることは正論です。

かつては、SPEED好きのヒープファン、ゴダイゴ好きなヒープファン、NOVELA好きな虹ファン、
ヒープを全然持っていないのに何故かこの掲示板の常連だった深紫/甲虫ファンなど、
ほんとうに好き勝手に利用されて盛り上がっていたこのMSDのBBSです。
あの時は、しばらく深紫や虹の話ばかりになっても、誰も文句は言いません(言えない)でした。
そこに「交流」があったからです。
文字だけとはいえ「親睦」があったんです。

しかし、今や、Twitter, Facebook, LINE, Instagram, mixi, Ameba etcのSNS時代、
このBBSの常連だった人たちも少しずつ他のSNSに離れていきました。
実を言うと、このボクもそうなのです。
管理人自身がHPのBBSでの交流に限界を感じて、Facebookに移行しちゃいましたからね。

自分のHPを作り、BBSを併設して、それなのに誰も書きこんでくれない時期がありました。
もうBBSを閉鎖しようかと何度も思いましたが、だからといって何も閉鎖する必要もなく、
そんな中で吉村さんが現れたのです。ヒープファンの吉村さんが利用してくれたんです。

吉村さんの紹介コーナーは、確かにヒープとは関係ない話ばかりだし、SNSで書いてほうが
SNSの友達を増やせて人脈も広がるだろうし、そこで同じことをしたほうが、
ヒープファン以外の人も興味を持ってくれる人は多いのではないかと、ボクも思います(笑)

でも、今の吉村さんにとっては、ここであと何回かの紹介記録を更新したいのではないかと思います。

嬉しいことに、KIKUさんとか、ヒープの話題をたまに書いてくれています。
昔は悪徳PさんもSteerForthのライヴ情報を書きこんでくれていました。
ボクもいろいろ書きこめばいいのですが、言い訳できません....汗

つまり、吉村さんに負けずに、我々も書きこめばいいんです、ヒープの話題を。
紹介コーナーが多すぎて、書きこめない雰囲気もある?笑

個人的にはKIKUさんの姿勢が正しいと思います。
吉村さんも、たまに書きこむ人たちにちゃんと反応して欲しいです。
反応してもすぐに自分の紹介コーナーに繋げちゃうから、不満に思う人もいるんだと思います。
一応、ヒープファンのHPのBBS、ですから、ヒープを期待している人が多いんでしょうね。

最後に、このBBSを見てくださっている人たち全員へ。
このBBSの書き込みでストレスを貯めないでくださいね。
たぶん本当にヒープファンと繋がりたい人は、カバーバンドのライヴを観に行ったり、
それこそ、SNSで友達になって、どこかしら繋がっていると思いますから、
そういうところで親睦を深めてストレスを発散してください。

ボクも居たらぬ人間ですが、みんなが笑顔であらんことを祈りますので~
 

開いた口が塞がらない

 投稿者:ROM専の人  投稿日:2017年12月 8日(金)22時26分37秒
返信・引用
  よくスルーできるよね。天然荒らしかなと思ったがこりゃ確信犯だな。  

ああ先に

 投稿者:吉村慶昭  投稿日:2017年12月 8日(金)22時15分57秒
返信・引用
  Phil Lanzon のソロアルバム良さそうだな。欲しいな。けど先にThe Darkness とLiam Gallagher とVandenbergs Moon Kingsを買わないと。
さて、第118弾は、Dirty Deedsです。後にDeeds と名前を縮めていますね。
私はDirty Deeds 名義の「Real world 」とDeeds 名義の「Blown」の2枚を所持しています。
Deeds 名義時のメンバーは
トニー ニュートン(ba)
ピート フランクリン(vo, gu )
デイブ キャヴィル(dr)
リッチー フォークナー(gu )
の4人です。
リッチーは今Judas Priest に居ますね。
Iron Maiden のスティーブ ハリスがお気に入りだったそうで、エグゼクティブプロデューサーとして関係したにも関わらず人気が出ないまま消滅したみたいですな。
ソリッドなツインギターに堅実なリズムセクション、男臭いボーカルと売れても不思議じゃないだけのポテンシャルは有ったと思いますが、やっぱ曲の出来が今一だったかな?
 

ここはHeep掲示板

 投稿者:悪魔のキューピー  投稿日:2017年12月 6日(水)23時08分52秒
返信・引用
  >久々のHeep関連情報を無関係な投稿で、しかも自演までして連投で流すとは醜いな。
 ROM専の人さん以外にも無関係な投稿に多くのHeepファンがうんざりしてますよ。自分でBBS立ち上げてそこに書き込むべきですな。  
 

レンタル掲示板
/58