teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:おじゃが  投稿日:2017年 2月21日(火)16時13分1秒
  確か新町も特定の方が作られてるんじゃなかったかなぁ。

因みに笛が出回る時期はお囃子の練習の始まる10月初頭かと思われます。
正確に知りたければ購入予定の方に訊ねてみるのが一番間違いないかと。
ついでに言うと中学生の技術&美術の授業レベルで簡単に工作が可能です。
一度自分でチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。
但し自分でやる場合、春先のタケノコシーズンだとタケノコにエネルギーを
取られてスカスカになってる笹竹になってるので笛は作れませんので夏以降まで
待ちましょう。
 
 

 投稿者:えんやー  投稿日:2017年 2月20日(月)10時17分27秒
  囃し♪だけではなく笛も町内、地区で極められていたのですね。勉強になりました。
その笛は町内で昔から作られてる方がいらっしゃいましたが、新町笛も町内の方がお作りになってあるでしょうかね。
笛はおくんち前に買いにいっても
音がいい品から売れてしまってますよね。
どの時期に買いに行けばが沢山の笛があるかどなたかご存じでしたら教えてください。
 

(無題)

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 2月14日(火)14時05分49秒
  おじゃがさん、ありがとうございます。
3種類の笛は成り立ちなどを色々と想像するだけでロマンがあってワクワクします!
また一つくんちの魅力を発見しました。
 

(無題)

 投稿者:おじゃが  投稿日:2017年 2月13日(月)12時53分6秒
  >いひゅーもんさん
てかぼんぶえさんで良いんだっけか?
音楽の知識が乏しい私が説明するのも一苦労なんですが、新町笛が他の笛よりも
甲高い音がするのは間違ってません。
但し多分音階は他の笛よりも新町笛の方が低くなるハズなので音が低く聞こえるのでは?
取り敢えずここでは内町笛が外径16mm、新町笛が14mmだったとしときます。
音の高さは内径が影響しますのでそれぞれ厚み1mmとして15mmと13mmとなります。
すると内側の径は新町笛が内町笛と比べて86.6%にしかなりません。
って事は歌口から測って(?もしかしたら詰め紙からか響鳴孔からか?)内町笛と比べて86.6%の位置に
最初の穴がないと同じ音階にならないはずなのです。
ところが内径が小さいのに指穴が同じ位置にあると、1穴ごとにだんだんと
低い音階にズレが生じていく事になる理屈になる事になっていきます。
ですから新町笛は音は甲高いのに音階が他の笛よりも低めになるハズです。
平たく言えば小中学生時代の教材の縦笛を想像して頂ければ良いかと思います。
小学生の頃は小さなソプラノリコーダー、中学生の頃は一回り大きなアルト
リコーダーでした。
どちらの音が甲高いかはその名が示す通りかと。
実は私も数年前に手の小さな小学生低学年のウチにでもお囃子の練習が可能に
なれる様にと内町笛の80%縮小モデルの通称8割笛を作った事がありました。
結果、馬鹿みたいに甲高い笛が完成してピッコロの如しと知人に評されました。
これは長さ、内径、穴の位置、各穴の径など全て8割にしていたのですが、
多分サイズは8割でも縦・横・長さ共に8割になる為、内径の空間エリアは
8割×8割×8割って事になって馬鹿みたいに甲高い笛になったんだと思います。
そこら辺りが音楽の知識の無い私の限界だと思われます。
でもまちっと勉強して小学生低学年のウチでも練習出来る小さな笛を作って
ばら蒔いてみようかと考えていた事を思い出しました。
 

(無題)

 投稿者:おじゃが  投稿日:2017年 2月13日(月)12時03分31秒
  >かず兄さん
鐘もそれぞれ違いますね。
一時期黒獅子さん用の鐘を探そうと古道具屋やヤフオク検索なんかしてましたが
念仏踊りとか京都の祇園さんで使う鉦は出てくるのに鐘は中々手頃なのが無いんですよ。


>通りすがりさん
横笛自体はしっかり楽器として完成された篠笛が平安時代には入ってきてます。
やがて中国明の時代により音響効果のある明笛が作られて明~清の時代に日本に
入ってきたんでしょうが、竹紙という面倒な手順が増えている篠笛ってイメージの為
全く普及せずに九州北部で止まったものの成れの果てだと推測してます。
どの笛がどんな順番なんて想像も出来ませんが、外町笛が内町笛より楽器として
音階がしっかりしているようだと音感のある人は言っておられる様です。
 

(無題)

 投稿者:いひゅーもん  投稿日:2017年 2月12日(日)23時53分32秒
  新町は音が低いのでは
 

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 2月12日(日)13時08分3秒
  おじゃがさん、丁寧な解説ありがとうございます。勉強になりました。おじゃがさんのその博識ぶりにはいつも驚かされます。

くんちの笛は、竹紙を用いることから明笛に分類され、全国的に見ても珍しいことは知っていましたが、更に3種類もあることに驚きました。

内町笛→外町笛→新町笛と改良されてきたということなのでしょうかね?また新町笛は孔位置が異なるということですが、もう少し詳しくお聞かせ願えませんでしょうか。
 

(無題)

 投稿者:かず兄  投稿日:2017年 2月12日(日)08時19分32秒
  なるほど。新町さんの笛の特徴までは聴き取る耳を私は持ってなかったです^_^
しかし、おじゃがさん凄いですね!ありがとうございました!
どの山もアジがあって良いですね~。
鐘は七宝丸が凄い特徴あるように聴こえますね~
アジアチックといいますか、カンカンというよりジャラジャラのような感じに聴こえます。
 

(無題)

 投稿者:おじゃが  投稿日:2017年 2月11日(土)22時28分37秒
  >かず兄さん
私の身の回りの方は笛の音が揃ってなくバラバラだと言われる方が多い様です。
私個人では音感に乏しい為に他の町とあまり変わらない様に思います。
音感に乏しい私の意見はほっとくとして、かず兄さんの仰る様な意見と正反対の
意見が人それぞれなのは何故なんでしょうか?
これには笛の種類に関係しているのではなかろうかと推測します。
実は唐津くんちの笛には3つの種類が存在します。
一つは大半の方が使っている笛、一つは外町エリアの方が使っている通称外町笛、
そしてもう1つは新町のみで使われている通称新町笛の3種類となります。
そして便宜上普通の笛の事を内町笛と言う事にしときましょうか。

その3種類の笛のうち最も特徴があるのが新町笛です。
これは他の笛よりも管径が小さく同じ幅で統一されています。
次に外町笛ですが、管径こそ内町笛と同じくらいなんですが管径を同じくらいで
揃えてあります。
また指穴の位置が内町笛とは違うところに開けてあり、結果内町笛とは少し音階が
違う事になっています。
この差が内町笛よりもドレミの音階の音が出しやすく、その為にお囃子以外の
普通の曲が内町笛より簡単に吹ける様になっています。
最後に基本となる内町笛ですが管径約15mm~18mmで指で押さえる穴は6個。
つまり全押さえから全開放まで7つの基本の音となり、ドレミ音階の8音階とは
異なる音階で出来ている為に、お囃子の曲以外の曲を演奏する為には半音上げや
半音下げを駆使する技術が必要となります。

さて本題、新町笛の音が他の町より甲高いのは管径が細くなっている為です。
同じく外町笛も凡その幅で管径が統一されているので笛個体による音の差が少なく、
その為に音の差が少ない安定感のあるお囃子になります。
そして内町笛は太さが笛個体によってそれぞれな為に、音域が甲高いものや
野太い物と固体差が他の笛よりも大きいとされています。
具体的には新町笛が管径14mm(だったと思いますが間違ってたら新町さんご免なさい)、
外町笛が15~16mm程度、内町笛は15~18mmと随分ばらつきがある様です。
まぁ実際には笹竹の物理的限界がありますから管径18mmの笛を見掛ける事は
ほぼ無いと思われますが、新町笛を考えると管径1mmの差で随分と音域のイメージが違う事となります。
そしてここは私の想像なんですが、たまたま今の米屋町の囃子方の皆さんの所有する
笛の管径のばらつきが大きいんじゃないかと思うのです。
管径のばらつきが多いとそれだけ音域がバラバラに聞こえるはずです。
しかし音域がバラバラになるという事は、弦楽器四重奏みたいに高音担当や
低音担当の楽器がそれぞれで同時に演奏しているかの如く荘厳に聞こえる人も
居るんじゃなかろうかとも思うのです。
そう考えれば人によって立派に聞こえたりバラバラに聞こえたりと大きく異なった
笛の音のイメージになるかと思うのです。
真相は皆さんの所有するそれぞれの笛の音を1本1本確認し尽くさないと
判りませんが、その辺りが原因なんじゃなかろうかと思っております。
まぁ天然素材の笹竹を使って作られている笛ですから、それくらいの個性が
あるのも面白くて良いんじゃないかと思います。
 

頼光の笛

 投稿者:かず兄  投稿日:2017年 2月10日(金)14時34分55秒
  頼光のお囃子を聞くたびにやはり気になるのでご質問します。
笛ですが、何か特別な作りというか、音が独特だと思うのですが、いかがでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい
 

(無題)

 投稿者:gg  投稿日:2017年 1月31日(火)18時54分59秒
  GW中になるかな?
私の予想は 中町、平野町、大石町
 

(無題)

 投稿者:下僕  投稿日:2017年 1月30日(月)12時45分49秒
  5は多分、確実でしょう。
一度行けなかった過去もあるし、
 

(無題)

 投稿者:おじゃが  投稿日:2017年 1月30日(月)01時53分58秒
  http://sp.yomiuri.co.jp/culture/20170129-OYT1T50032.html

どこのがお出掛けになりましょうなぁ・・・・・・・・・・・・・・・
 

(無題)

 投稿者:神田下郎  投稿日:2017年 1月20日(金)06時44分18秒
  なるほど。兜の赤幟の後ろに赤い鯛車か。納得できる。
藤原広嗣とも絡められそうで興味深い。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2017年 1月19日(木)21時57分50秒
  疱瘡神
三韓征伐
鯛車
 

(無題)

 投稿者:恵比寿さん  投稿日:2017年 1月19日(木)12時58分1秒
  刀町の恵比寿さんって明日ですよね?  

(無題)

 投稿者:おじゃが  投稿日:2017年 1月16日(月)19時03分54秒
  >○さん
鯛は海幸彦山幸彦の神話にも登場するくらい古くから日本人に愛されてきた魚です。
ですから色んな地方から鯛を題材にした人形や山車なんかが飾られていても何の不思議もないですよ。
唐津周辺地域でも玄海町、高串、神集島、波多津、山城と鯛の山車の出てくるお祭りがありますし。
お隣の博多にだって恵比須さんの山笠が作られる時には鯛もおまけについてきますし。
昔からいろんな地方で日本人に愛されてきた証拠です。


>くろうまさん
これは唐津くんちの開催日とユネスコの登録内定が出たタイミングと七宝丸のNHK佐賀の取材との3つのタイミングがかみ合った結果ともいえます。
偶然が重なった結果ではあるけれども唐津人としては嬉しいですよねぇ。
 

(無題)

 投稿者:くろうま  投稿日:2017年 1月15日(日)00時13分31秒
  先日NHKの新日本風土記という番組で全国の祭の総集編みたいなものが放送されていました。全国数々の祭が紹介される中1時間という短い放送時間で唐津くんちは結構ながく紹介されていました。唐津の人間として嬉しく思いました。  

(無題)

 投稿者:  投稿日:2017年 1月14日(土)16時16分43秒
  調べてみたら
新潟だけじゃなく
鹿児島、埼玉、滋賀にも鯛車が存在する
らしいです。
どこが起源なんでしょうか?
各地に鯛車が存在するので
やはり参考にした可能性は、あるのでは
ないでしょうか?
 

(無題)

 投稿者:おじゃが  投稿日:2017年 1月13日(金)17時58分48秒
  >○さん
鯛車は私が思ってたより古いモノではないんですね。
但し鯛は昔から日本人がモチーフにしていた生き物ですから、同じ鯛がモチーフってだけで偶然似ただけって可能性もあります。
私ももしくは関連性アリ!?なんて思って北前船とかそんな関係で伝播したのかとも思ったけれど他人の空似って奴だったんでしょう。


>一曳子さん
ニュースのインタビューで福岡市長が九州地区の山車だけでもそんなのもアリみたいな発言はなされていますね。
個人的には遠征すると曳山が傷むので賛成はしないんですが、もしも出るのならばそのお祭りに乗って私も楽しもうと思います。
今後の動向に注目ですね。


>ggさん
古館正右衛門さんの曳山のはなしの鯛のトコの話ですね。
それはあくまで実在の鯛と比べたら背びれの刺が少ないとか鱗の列が少ないからそうだろって漁師視点からの話なだけです。
日本伝統のおめでたい魚は真鯛で間違いないのでモチーフは真鯛で間違いないでしょうね。
頭のコブで雄だろうって意見は賛成ですけどね。
 

レンタル掲示板
/306